FC2ブログ

中国広東に滞在する、愚か者が見た、感じた、中華世界。 今年、広東人の奥さんと出来ちゃった結婚しました。 ブログ内容も、試行錯誤して考えます。

  すしリンの中国滞在日誌のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 結婚 > 公証処 AT 司法局 IN 彼女の田舎  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公証処 AT 司法局 IN 彼女の田舎

2008 - 03/08 [Sat] - 02:36

夜行バスに乗って、奥さんの実家に朝6時頃、着きました。奥さんのお父さん手作りの朝御飯を食べさせてもらいました。シャワーを浴びて7時過ぎに出発し、8時過ぎ頃、公証処に着きました。
(朝早く、起こされ、飯まで、用意して、お父さんは大変です。)

8時半からなので、表に貼ってある説明書きを見ると、国籍証明は75元とのことでした。
彼女の同級生が司法局に働いているが、今日は休みとのことでした。政府の人間は、よく休むとのこと。事前に彼から聞いていた情報と同じで、後は奥さんの身分証と戸口簿を持って申請するだけなのですが、中々職員の人が来ません。また、来ても仕事をやりません。
(おおーい、急いでくれ)

9時近くになって、やっと受け付けてくれたのですが、昨日、会議でこの件は知っている(奥さんの友達が話したようです。でも会議でわざわざ言うことか?)ということで、すぐに手続きが済むと安心しました。ところが、やはりのらくらのらくら、理由もなく、あっちの部屋に行ったり、こっちの部屋にいったりと、わからない、仕事のやり方です。そのうち、他の中国人の学生が留学のための申請に来て、こちらが、終わっていないのに話し込み始めました。話が終わったら、75元の支払いは銀行でやらなければならないので、先に払って来てくれといわれ、500元くらいの金が奥さんに渡されました。不思議に思っていると、留学君のも一緒に払ってきてくれとのことです。
(不正が多いので現金はここで扱わず、銀行の領収書を受け取るうぴも改善されたとのこと。さすが中国!)

払いに行き戻って来ると、また、のらりくらりはじめ、パソコンで、例文集を見ながら、数行入力するのに30分もかけていました。やっと終わったと思っていると、今日は、公証処は発行出来ない。また、身分証と戸口簿が、本物かどうかの公安の証明が必要で、調査代に100元必要だと始まりました。
(今までの対応は何?)

公安の証明が必要だとは表の説明にも書いていず、奥さんがいうには、これは小遣い稼ぎだとのこと。証明に100元も必要ないし、みんな田舎から、市の中心まで出てくるので、しかたなく払うのだということおす。もちろん、領収書もありません。(上に政策あれば、下に対策あり、さすが、中国です。)
100元はともかく、今日、国籍証明をもらわないと面倒です。、奥さんは携帯を取り出し、同級生に電話をはじめ、ぎゃあ、ぎゃあ、言った後、携帯を、公証人に渡しました。
また、そこで、ぎゃあ、ぎゃあ、始まり、5分ほど経った後、国籍証明は特別に本日、いただけることになりました。めでたし、めでたし。
(奥様によると、このようなコネが田舎では大切とのこと、さすが中国!!)
(いつの間にか、奥さんが奥様になっています。笑)

公証処
この手続き前に、写真を撮っていたら、何をしていると、くたびれたおじさんに怒られてしまいました。
(奥様からも、こんなところで、写真を撮ってはいけないと叱られました。)

領収書
これが、国籍証明の費用75元の領収書です。そういえば、昔、シンセンで通関の罰金を支払いした時も、銀行に支払っていました。対策があったかは・・・・






スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shishilin.blog27.fc2.com/tb.php/8-5f7c9f69

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。